各科紹介
  1. HOME > 
  2. 病院案内TOP > 
  3. 各部紹介 > 
  4. 薬剤課・放射線課・検査課・リハビリテーション課・栄養課TOP

病院案内

薬剤課

当薬剤課は、患者さまに安全で有効な薬物療法を提供するために、医師や看護師等の医療スタッフとは異なる薬学的視点に立ち、薬の専門家として職能を発揮できるように努めています。常に専門的な知識と技能の習得に努め、薬の適正な管理と使用を推進しています。2014年より病棟薬剤業務を実施し、更に入院中の薬物療法の安全性の担保に力を注いでいます。また緩和ケアチームなどチーム医療にも積極的に参画しています。

業務の紹介

薬剤課業務の紹介

● 調剤業務

外来処方は原則として院外処方せんを発行しています。院内製剤など保険薬局で対応不可能な薬剤は院内で調剤しています。現在は、主に入院患者さまを対象に調剤業務を行っています。医師が処方した内容について投与量や相互作用などをチェックし、疑義が生じた場合は処方医に照会後調剤し、適正な薬物療法が実施されるように努めています。

 

● 注射薬調剤業務

医師が処方した内容について投与量や相互作用、配合変化などをチェックし、疑義が生じた場合は処方医に照会後調剤し、患者さまごとに個別セットして病棟へ搬送しています。

 

● 製剤業務

約束処方による製剤や無菌的な調製が必要な薬品、また医師の依頼により市販されていない特殊な製剤などを製造し供給しています。

 

● 無菌製剤業務

高カロリー輸液は、全病棟対象に無菌調製を行っており、輸液療法による感染リスクの防止に努めています。また、抗がん剤は安全キャビネット内で調製することで、医療従事者を抗がん剤暴露から防ぐとともに化学療法の安全実施に貢献しています。

 

● 病棟薬剤業務

一般病棟に専任薬剤師を配置し、病棟薬剤業務を実施しています。持参薬の確認および服薬計画の提案、医師への処方支援、医療従事者からの相談応需、病棟でのカンファレンスへの参加等を行い、入院患者さまに対する安全で有効な薬物治療の実施や、医薬品の適正使用の推進による治療効果の向上と、副作用の防止による患者利益への貢献等、薬学的な観点から充実したサポートを行っています。

 

● 薬剤管理指導業務

患者さまに安全で効果的な医療を提供するために、副作用歴、アレルギー歴や持参薬、サプリメント使用の有無などを確認させていただいております。薬の正しい使用方法や薬効等の説明、副作用の早期発見のための情報提供などを行っています。退院時には、おくすり手帳を活用して地域の保健薬局との連携も図っています。

 

● 医薬品情報管理業務

医薬品の作用、副作用、相互作用および新薬情報などを収集・解析し、必要情報を院内に発信しています。また医薬品に関する問い合わせに応対しています。

 

● 医薬品管理業務

採用医薬品について在庫の適正化を図り、円滑かつ正確に供給するための購入・在庫・供給・品質管理を行っています。

放射線課

我々、放射線課では8名のスタッフ(診療放射線技師)で日勤及び当直業務を行っています。業務内容は、各種X線装置を使用して全身の撮影及び透視(X線を使用した動画)を使用した撮影、診断治療を行っています。また、最新の3.0T(テスラ)の超高磁場MRI(磁気と電波を使用し人体には無害です。)と64列CTを導入して画像診断部門の充実を図り、より質の高い画像情報の提供に努力しています。無機質で大型の機器がたくさんある当課で、痛みや病気に対する不安を持った患者様に対し、できるだけ検査内容を説明し被曝線量をおさえて安心して検査を受けていただけるように努力しています。

放射線技師紹介

放射線技師名 役職 認定
高井 幸一 放射線課長 ●日本放射線技師会会員
●検診マンモグラフィ 撮影認定診療放射線技師

装置の紹介

一般撮影装置(CR画像処理装置)
●一般撮影装置(CR画像処理装置)

いわゆるレントゲン写真で胸部、腹部、骨等のX線撮影を行います。CR画像とは、レントゲン写真のデジタル画像のことで、当院の一般撮影は全てCR画像で撮影されています。

マンモグラフィー装置
●マンモグラフィー装置

乳房診断におけるX線撮影専用装置です。腫瘍の大きさや浸潤の度合い、石灰化の大きさや分布を観察するために乳房を黒い台の上に乗せて透明な板で、 できるだけ薄くなるように圧迫して撮影する事により、X線の量が少なくすみます。

パントモグラフィー装置
●パントモグラフィー装置

歯や顎の全体像を横一列に写し出して、病気の拡がりや周囲との関係を診断します。撮影は頭部を固定し装置が頭の周りを回ります。

X線透視装置
●X線透視装置

胃や大腸などの消化管検査や、整形外科領域などの検査に使用する透視撮影装置です。

DR付き透視装置
●DR付き透視装置

使用目的はX線透視装置とほぼ同じですが、透視像・撮影画像をデジタル的に画像処理・表示・保存を行う画像処理装置です。

CT装置
●CT装置(64列)

体の周囲からX線を照射して、短時間で体内臓器・骨などの高精細な任意の断面及び3D画像が得られます。造影剤を使って血液の流れの違いを画像にしたり、心臓、血管の検査も可能になります。

MRI装置(3.0テスラ)
●MRI装置(3.0テスラ)

放射線被曝はなく、強い磁場と電波を利用して身体の輪切り画像だけではなく任意の断面画像が得られます。

血管撮影装置
●血管撮影装置

血管にカテーテル(細い管)を挿入し、そこから血管の撮影をするほか、動脈硬化などで細くなった血管を広げたり、逆に腫瘍への血管を塞いだりして治療にも用いられます。

骨密度測定装置
●骨密度測定装置

仰向けに寝て腰椎や股関節で測定を行い、骨粗鬆症の診断に使用します。

検査課

  • 検査課では、医師の依頼により病気の診断、治療の経過など診療上必要な情報を提供するために、様々な検査を行っています。
  • 臨床検査技師14名が{検体検査部門}、{生理機能検査部門}、{病理検査部門}を分担し、安全かつ精度の高い結果を報告することを心がけています。
  • 全技師が夜間、休日等の緊急検査に24時間対応できる体制を整えています。
  • 「日本医師会」「日本臨床検査技師会」「千葉県臨床検査技師会」など各種精度管理調査に参加しています。

検査技師紹介

検査技師名 役職 主な担当業務
内山 照美 検査課長 管理・検体検査全般
有資格者 取得者数
臨床検査技師 14名
2級臨床検査士 4名
日本糖尿病療養指導士 1名
超音波検査士 (心臓領域) 1名
超音波検査士 (腹部領域) 3名
細胞検査士 3名

概要

{検体検査部門}
患者様より採取した血液、尿など各種検体を検査します。

検査予約患者様の採血は8:00より行っています。
採血は番号順に行っています。(番号札を取っていただいています。)
取り違い防止の為、お名前の確認を行っています。

主な検査項目についての説明は こちらから (PDF:198KB)

血液検査・・・・・・・・・血球の数、種類等の計測、凝固機能等を検査します。
主な検査項目 赤血球数、白血球数、ヘモグロビン量、ヘマトクリット値、血小板数、血液像、PT、APTT、フィブリノーゲン量、FDP、Dダイマー、ATⅢ、HPTなど

生化学・免疫・血清検査・・・・・・・・・血液中の成分や酵素、腫瘍マーカー、感染症、免疫機能等の検査をします。
主な検査項目 電解質(Na、K、Cl)
タンパク質(TP、A/G比、Alb、など)
糖質(血糖、Hb-A1c、など)
脂質(T-Cho、HDL-Cho、LDL-Cho、など)
酵素(AST、ALT、γ‐GT、ALP、LD、など)
分解、代謝産物(T-Bil、D-Bil、UA、など)
腫瘍マーカー(CEA、CA19-9、AFP、など)
感染症(HBs抗原、HCV抗体、TP抗体、HIVなど)

輸血検査・・・・・・・・・輸血の可否を検査します。
主な検査項目 血液型、不規則抗体検査、交差適合試験など

細菌検査・・・・・・・・・病原菌(細菌、ウィルス)の検出、薬剤感受性等の検査をします。
主な検査項目 一般細菌検査、抗酸菌検査、薬剤感受性検査、ウィルス抗原検査(インフルエンザウィルス、アデノウィルス、RSウィルス、ロタウィルス)など

一般検査・・・・・・・・・主に尿、便、体腔液(胸水、腹水)、髄液などの検査をします。
主な検査項目 尿定性、尿沈査、便潜血反応、寄生虫、髄液検査など

{生理機能検査部門}
生理機能検査部門では医師の依頼により、心電図、超音波検査など各種検査を行います。痛みを伴う検査は殆んど無く、安心して検査を受けて頂けます。
正確な検査結果を得るために患者様の協力を得ながら検査を行いますので(体位変換など)ご理解をよろしくお願い致します。
わからない事や、不安な事がありましたらお気軽に声をかけて下さい。

* 「女性技師希望」札を設置しています。受付時に診察券、予約券と一緒に提出ください。

なお、検査の順番が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

乳腺超音波検査については全て女性技師が対応しています。

心電図検査
心電図検査装置
【心電図検査】
心臓が収縮するごとに、心臓内におこる電気的活動を波形として記録し、その電気信号の乱れから病気の兆候を読み取る検査です。
心臓病(不整脈・狭心症・心筋梗塞等)の発見、治療の効果判定、薬の副作用をみるためなどに行われます。
通常、安静時心電図の検査は両手首と両手足、胸に6箇所の電極を取り付けます。
この時、手足や肩に力が入ってしまうと筋肉の電気的活動波形(筋電図)が混入してしまうため、身体の力を抜きリラックスして検査を受けていただきます。
ホルター心電図
ホルター心電図
【ホルター心電図】
日常生活中の長時間(約24時間分)の心電図を記録して、これを解析する検査です。
不整脈や心筋虚血が起きるかどうか、最高、最低心拍数や不整脈の種類、数、発生時間や心拍数の関係などから、不整脈の診断やペースメーカの機能評価、薬物治療効果などを判定することが出来ます。
トレッドミル
トレッドミル検査装置
【負荷心電図検査】
運動することで心臓に負荷を与え、運動後の心電図変化を記録する検査です。
マスター2階段試験およびトレッドミル負荷心電図を行っています。
超音波検査
超音波検査装置
【超音波検査】
超音波診断装置を用いて腹部、心臓、乳腺、血管、甲状腺等の画像診断を行います。
超音波を検査部位に当ててその反射波を映像化し、臓器の状態や腫瘍などの有無またはその大きさなども調べる事が出来ます。
X線検査のように放射線被爆の心配がなく、痛みも殆んど無いため安心して検査を受けることが出来ます。検査を受けるときの注意点として、腹部を検査する際は絶食の状態で行います。腹部以外の心臓、乳腺、血管、甲状腺等は食事の影響はありません。また、膀胱や前立腺・婦人科領域を検査する場合は尿がたまっているほうが詳しく観察できるので、検査前の排尿は我慢していただく場合があります。
呼吸機能検査
呼吸機能検査装置
【呼吸機能検査】
スパイロメータを用い肺から出入りする空気の量や換気機能を調べる検査です。
息切れ、呼吸苦、咳、痰が出るなどの肺の病気が考えられる時、呼吸器疾患の重症度や治療の効果判定、気管支喘息の診断補助、手術時の麻酔法の選択の時に行われます。
空気がもれないよう鼻にクリップをつけてマウスピースをくわえ、声に合わせ、口だけで呼吸します。通常、数回行い、一番よいデータを選択します。正確な検査データを得るために患者様に協力していただく検査です。
脳波検査
脳波検査装置
【脳波検査】
脳の微小な活動電位を、体表電極を用いて波形を検出し記録するもので、てんかん、意識障害、痙攣などを調べる検査です。
PWV/ABI(脈波伝達速度検査)
PWV/ABI検査装置
【PWV/ABI(脈波伝達速度検査)】
両手、両足の血圧の比較や脈波の伝わり方を調べる事で、動脈硬化の程度を数値として表す検査です。この検査を行うことで、動脈硬化の度合いや早期血管障害を検出することが出来ます。
{病理検査部門}
内視鏡や手術により、患者様から摘出された検体を迅速かつ正確に処置を行い、病理診断を行うことにより、患者様の治療方針を決定する部門です。標本作製および細胞診診断を臨床検査技師2名が行っています。病理診断を行う病理医は当院には常駐しておらず、現在は千葉メディカルセンター病理診断科と保険医療機関連携による遠隔病理診断を行っています。

(組織診断)

1.固定

消化管生検標本などの小さな標本は、10%ホルマリンの入った検体ビンにそのまま入れて固定します。手術標本など切り出しの必要な大きな検体はゴム板に貼り付け、ゴム板ごと10%ホルマリン溶液に漬けて固定します。

2.切り出し

固定された摘出検体を写真撮影し肉眼所見を記載します。その後、適切に割を入れ、カセットに移します。

3.固定包埋

人の組織は水に富んでおり、パラフィン(ろう)とはなじみません。アルコールによる脱水とキシレンによる透徹により標本を疎水性としてから、パラフィンと標本をなじませます。この工程は現在自動化されています(包埋装置)。その後、包埋センターを用いて標本をパラフィンに埋め込み、パラフィンブロックを作製します。

4.薄切

パラフィンブロックをミクロトームを用いて数ミクロン程度に薄く切り、切片をプレパラートガラスの上にのせます。

5.染色

一般的なヘマトキシリン・エオジン染色を行います。必要に応じて、特殊染色を行ったり、免疫組織化学染色を外部施設に依頼したりしています。

6.検鏡

染色されたプレパラートガラスを顕微鏡により詳細に観察し、肉眼所見および臨床情報を総合的に勘案し、病理診断を行います。病理診断報告書を作成し、依頼元の臨床医に送付します。

(細胞診断)

細胞診標本は大きく二つに分けられます。一方は婦人科の擦過細胞診標本のように、患者様から採取された検体をその場で直接プレパラートガラスに貼付するものです。もう一方は尿や胸腹水のような液状検体であり、検査室において遠心分離器を用いて細胞成分を沈殿させ、この沈殿をプレパラートガラスに貼付しています。標本を染色し、顕微鏡により詳細に観察し、がん細胞の有無を中心に検索を行っています。

リハビリテーション課

当課は、2008年4月の医療保険制度改正に伴い、脳血管リハビリテーションI、運動器リハビリテーションIの認可施設として、スタッフは理学療法部門、作業療法部門、言語療法部門の3部門で運用しています。 対象者は、発症後まもない急性期から、亜急性期、慢性期までの脊椎脊髄疾患、骨折、交通外傷、脳血管疾患、呼吸器疾患、外科疾患手術後、等です。

(訓練方法)

理学療法部門は、治療体操を主体にした訓練をし、運動機能や動作の改善を目指します。

作業療法部門は、作業を通じて日常生活動作の確立を目指します。

言語療法部門は、言語障害、嚥下障害の改善を目指します。

栄養課

栄養課では、入院患者様の病状や栄養状態に合わせた食事を提供し、患者様の疾病の早期回復、合併症予防のため、診療部門の一つとして栄養面からのサポートをし、入院生活の中でおいしく、楽しい食事を召し上がっていただけるよう、日々努力しています。月に1度、行事食も予定しております。現在給食部門は業務委託をしております。委託職員も含め栄養課として、入院中の患者様に栄養バランスの良い食事、心和む癒しの空間を提供していくよう頑張っています。

また、7月1日より産科が再開され、新しい命の誕生を私達栄養課職員も一緒にお祝いをしたいと思い、産後4日目の昼食にささやかではありますが、お祝い膳をご用意いたします。またマタニティークラス(前期・後期)と入院中の午後には、産前産後に必要な栄養を考えたおやつをご用意しております。レシピも準備していますので、幼児期のお子様のおやつにもご利用ください。

  • 一般食
    (一般食)
  • 行事食
    (行事食)
  • ドック食
    (ドック食)
  • 御祝い膳
    (御祝い膳)
  • ふわふわ米粉ケーキ
    (ふわふわ米粉ケーキ)
  • レモンゼリー・きな粉クッキー
    (レモンゼリー・きな粉クッキー)

栄養士紹介

常勤職員

管理栄養士 2名

栄養士    1名

委託職員

栄養士    3名

調理師    1名

調理補助  10名

栄養指導

入院・外来の患者様へ、生活習慣病や慢性疾患、胃腸術後食などの食事について個別指導を行っております。予約制で行っていますので、ご希望の方は担当医師に相談してください。

院内NST

平成18年度よりNST委員会を立ち上げ、医師、薬剤師、看護師、栄養士、言語聴覚士、理学療法士、検査技師、歯科衛生士、事務により構成し、入院患者様の栄養状態の向上、早期回復を目指しサポートしています。また、全職員を対象に月1回勉強会を開き、知識の向上に努めています。

NST研修会
(NST研修会の様子)

(糖尿病教室のお知らせ)

毎月、第2土曜日に糖尿病教室を開催しております。糖尿病と診断され、不安に思っている方、糖尿病のケがあると言われた方、糖尿病と診断されているが、よく分からない、もう一度勉強したい方にお勧めの勉強会です。予約制となっておりますのでご希望の方は、主治医にご相談下さい。また、当センター内科を受診されたことのない方は、一度内科外来を受診して下さい。詳しい日程は、トップページのニュース・お知らせでご案内しております。

 

厚生労働省より、糖尿病の治療を放置した方、治療を継続した方の経験談を通じて、糖尿病の治療の大切さを理解していただくために、「糖尿病患者による糖尿病患者のためのパンフレット」が作成されました。詳しくは下記のURLよりご確認ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001qjv4.html

病院案内
病院案内TOP
病院概要・フロアマップ
各種計画・報告書
アクセスマップ
各部紹介

病院情報

地方独立行政法人さんむ医療センター
地方独立行政法人
さんむ医療センター
〒289-1326
千葉県山武市成東167
FAX:0475-82-3354

0475-82-2521

<交通アクセス>
■電 車:JR成東駅より徒歩約15分
※JR成東駅よりタクシーにて約5分
■自動車:国道126号線沿い
※山武成東ICより約10分
※東金ICより約30分
■バス:JR千葉駅発/JR東京駅発

*詳細な交通手段は下記よりご覧ください。

交通アクセス(地図)はこちら